タグ:卑弥呼 ( 9 ) タグの人気記事

百年の嘘を ホケノ山古墳に粉飾

伊都国の平原王墓と、山城の椿井大塚古墳が同時代?

a0237545_02113141.png
「飯塚発 古代史情報最前線・イイヅカから未来のトビラを拓く」というフォーラムでした。2月18日のテーマは『卑弥呼の戦争と武器』でした。

松木先生ほんとですか? 邪馬台国が戦争をした相手は何処ですか?
確か、狗奴国です。
狗奴国は邪馬台国の南に在ったのです。魏書に書いてあります。卑弥呼が死んだとき、帯方郡より張政が倭国に来ています。その後、卑弥呼宗女壱与が女王位に着いたあと、張政を帯方郡に送ります。倭国の使者は、そのまま魏の都に朝貢しました。つまり、魏の使いは倭国の場所もわかり、風俗も調べ、倭国の要人にも会い、卑弥呼の墓も確かめているはずです。狗奴国の位置も状況も知りえたでしょう。
そのことごとくを天子に報告したはずです。嘘や出鱈目や間違いが在ってはなりません。邪馬台国までの距離は正しいのです。
女王国まで、萬二千余里

きちんと魏書に書いてあります。
魏書を読まれているから、松木先生は「文献では邪馬台国は九州だ」と言われたのですね。では、考古学的には畿内ということですか。でも、鉄も、絹も、クスノキも無い、楽浪郡の土器も出ない畿内ですか? もちろん帯方郡の韓式の土器も出土していません。
a0237545_15023678.png
それに、先生の資料は大丈夫ですか?
弥生王墓の平原と、椿井大塚古墳を同時代の鏡としておられました。

漢鏡とありますが、三角縁神獣鏡が漢鏡ではないことは、周知の事実ではないのですか?
a0237545_01211865.jpg
a0237545_01215726.jpg

福岡の平原王墓は、弥生時代のの女性王の墓と云われています。確かに大量の鏡が出土した方形周溝墓です。
a0237545_23475635.jpg
a0237545_01314694.png
a0237545_01322281.png
しかし、椿井大塚古墳は、いわゆる初期古墳ではありません。
a0237545_22382955.jpg
(椿井大塚古墳)
ここは、弥生の墓ではありません。出土鏡も三角縁神獣鏡です。松木先生は、漢鏡5期とまとめている資料を使われています。十分に確かめてのことでしょうか。全く違う時期の副葬品を並べて論じていいのでしょうか。
a0237545_02002316.png
さらに、ホケノ山古墳まで持ち出されていました。そのことは、また。
長くなるので、また明日。


 歴史ランキング
神社・仏閣ランキング


[PR]
by tizudesiru | 2018-02-21 02:02 | 327古代史の危機!? | Trackback

えっ?鉄がありすぎる九州に邪馬台国はない?

倭の五王の話をしていますが、古代史学会大丈夫かな? と思う事があったので、その事をお知らせします。書いていいかを少し考えましたが、書かせていただきました。
飯塚市発 古代史情報最前線、今回のテーマ「卑弥呼の武器と戦争」
a0237545_02142184.png

このフォーラムに参加して、下のような気分になりました。
ゆうれいの正体見たり枯れ尾花


それは、後援会のあとの討論会での発言を聞いてのことです。資料と突き合わせた話し合いの、最後の最後に出た学者の発言を。
わたしは、今日は何をしにここへ来たのでしょうと、思いました。
なぜなら、邪馬台国論争で「鉄」を採っていた倭人のいた国が邪馬台国だとされていたからです。

弥生の鉄をつかんでいたのは、どう見ても九州です。それも工具や武器の出土は福岡を抜いて熊本がトップに躍り出ました。わたしは邪馬台国と戦争をしていた狗奴国は熊本だと思っています、そして、鉄の武器の差で狗奴国が勝ったと思っているのです。
ところが、

弥生の北部九州には、鉄がありすぎるから、邪馬台国のイメージとはちがうので、邪馬台国は北部九州にはなかった
と言われたのです。驚きました。イメージですか!
a0237545_15023678.png
鉄で邪馬台国を論じるなら、九州で決まりだね、と思っていました。
然し、そう問屋は下ろさなかった、のです。

a0237545_15040636.png
鉄戈が取り上げられていました。弥生の青銅武器の威信財として、剣・矛・戈があります。中でも鉄戈は福岡の飯塚市や那珂川町などで、大型の鉄戈と変化して甕棺に副葬されているのです。更に、大型鉄戈は倭国にしか出ません。半島には大型は出土しないのです。
倭国には、大型鉄戈をつくる鉄文化があったのです。

弥生時代には、すでに銅だけではなく鉄を熔かす技術を北部九州は持っていました。


a0237545_15134140.png
甕棺の中の副葬ですから、伝世品ではありません。共伴する土器や木製品などで、編年もできているのです。
a0237545_15162885.png
弥生遺跡の鉄出土の比較を見ると、一つの遺跡だけでも熊本の鉄製品は圧倒的です。鳥取の青谷上寺地遺跡と比べると、熊本が自前ですべて作っているのですが、鳥取は他の地方からの移入品がありました。日本海側は、九州との交易が盛んだったので、技術の流失があったでしょうし、人の移動もあったはずです

弥生の鍛冶工房の様相・炉の形式が四種類
a0237545_15221680.png
Ⅰは、穴を掘り、穴の底に木炭や土を交互に敷き、熱効率を上げています。羽口からの空気が回るからです。ⅠとⅡ型は九州型で、ⅢとⅣ型は吉備辺りになるそうです。つまり、近畿の近くの鍛冶工房では大きな製品は造れなかったのです。
大きな鉄製品は、九州から仕入れたと云うことでした。近畿は流通で一大拠点だったというのです。

 
a0237545_16451260.png

倭女王卑弥呼は、魏から五尺刀を下賜されました。弥生の大刀は、素環頭大刀です。素環頭大刀は、弥生の後期組み合わせ式石棺の中から多く出土するそうです。それも、弥生の大刀も九州が圧倒的に多いのです。

しかし、鉄が多く出土する北部九州と邪馬台国は、イメージが合わないのだそうです。
でも、鉄も絹も出ない、クスノキも無い近畿にこそ、邪馬台国はないのではありませんか。文献でも、邪馬台国は九州ですけど。
でも、大事なのは、邪馬台国のその後ですよね。

講演会の中休みに、知り合いの有名ブロガー女子が「ね、どうなの? おかしくない?」と言ってきました。
そんな気分になった人も多かったようですね。

 歴史ランキング
神社・仏閣ランキング


[PR]
by tizudesiru | 2018-02-20 17:57 | 327古代史の危機!? | Trackback

「卑弥呼以って死す」以後の倭国

「卑弥呼以って死す」その後の邪馬台国

張政が還った後、女王国と壱与はどうなったのか。わたしは、ただ真実が知りたいのです。
壱与は畿内に引っ越したという説もあります。壱与の後、権力を握ったのは誰なのか、知りたくないですか。「なんとなく邪馬台国は畿内にあったんじゃないの」という風潮に流されていいのでしょうか。
a0237545_00351813.jpg

纏向の住居跡が卑弥呼の神殿跡とされましたが、建物の築造時期が卑弥呼の時代より新しいので、考古学的にここが卑弥呼の居館ではなくなったそうです。
では、改めて、矛でいかめしく守られた城柵・楼観のある宮殿は、纏向の何処に見つかるのでしょうね。
鉄も鏡も出ない纏向に、卑弥呼が住んでいたとは思えません。周りに経済力のある豪族がいないのですから。
が、やがてそこに権力が生まれた、それは何故か、です。
a0237545_00240962.png

近畿の内陸に権力が生まれたのは、そこに逃げて来た集団がいたからではないかと書きました。その集団を受け入れる協力者がいたのではないか、と思います。そうでなくては、移住したらまず海岸に居を構える他はないでしょう。急に内陸には入れないでしょう、案内もないのに。
すぐに、内陸に入り、その地域の山を自分たちの神山にするのは容易ではないはずです。先住民との軋轢もあるでしょうから。(ブログ265『消された饒速日の王権』でも書いていますが、饒速日は九州から近畿に入ったのです。そこへ、再度、九州から神武は侵入したことになっていますね。)

卑弥呼没後の邪馬台国
「日本史年表」(東京堂出版)で調べてみましょう。
a0237545_21323816.png

卑弥呼が没して、18年後に、倭女王が遣使
日本書紀の神功皇后紀に「倭女王」の記事


「(神功皇后)六十六年、是年、晋の武帝の泰初二年なり。晋の起居注に云はく、『武帝の泰初二年十月に、倭の女王、訳(をさ)を重ねて貢献せしむ」』といふ。」 

上の文は、日本書紀の本文ではなく、小さく書きこまれた割注にあります。「百済記」を参考にしたという割注にあるのです。

*武帝は、晋の第一代の帝(265~290)
*起居注、中国で天子の言行・勲功を記した日記体の記録


卑弥呼の没年は248年。宗女壱与が倭女王となったのは、その数年後で、張政が協力しています。すると、266年遣使の倭女王は、壱与でしょうね。266年は、13才で女王になって十数年が経った年ですから、女盛りと云うところでしょうか。
そうすると、世話になった魏が滅びたすぐ後に、次の王朝に遣使したことになります。情報収集が早いです。

では、壱与の記事が、なぜ神功皇后の条に書かれたのでしょうか。

日本書紀では、神功皇后元年辛巳)は西暦201年で、神功皇后は六十九年(269年)没、その年齢は百歳となっています。書紀では、神功皇后は3世紀の人となっているのです。
しかし
「神功紀」には百済や新羅との関係が様々に書かれています。ですが、そもそも新羅国や百済国が成立するのは4世紀半ばで、神功紀とは120年ずれるのです。(
神功皇后が実在なら、4世紀の人となります。)

すると、泰初二年=266年=神功皇后66年 は成立しないことになります。壱与の記事を神功皇后と結びつける意図が書紀編集者にあったのでしょうか。でも、神功皇后は倭女王ではありません。あくまで、皇后摂政なのです。
神功→応神→仁徳の家系は、近畿に侵入した形になっていると思います。応神天皇は九州で生まれたのですから、侵入者ですね。


年表でもわかりますが、日本書紀の神功皇后の年紀には120年プラスされて解釈されています。そうしないと、記述が史実につながらないからです。
a0237545_21321600.png
では、神功紀に4世紀の出来事が書かれているとして、366年・367年・369年に記載された人物は、何処の誰の命を受けて、百済に出かけたり、新羅を攻めたりしたのでしょうか。卑弥呼没して百年後のことです。四世紀の半ばから「沖ノ島」で岩上祭祀が始まっています。半島と密接なつながりが生まれていたのは事実でしょう。

神功皇后と同時代、誰が倭国の王だったのでしょう。
この事は、明日考えましょう。


ここで確認したのは、266年まで倭女王が存在していたこと、魏が滅びたらすぐに次の王朝に遣使を出したと云うことです。半島との関係も深まったと云うことです。


 歴史ランキング
神社・仏閣ランキング


[PR]
by tizudesiru | 2018-02-09 00:41 | 325冊封体制下の倭王・讃珍済興武の野望 | Trackback

卑弥呼はどんな姿だったのか・弥生後期の巫女の姿を考える

倭女王はどんな姿だったのか
a0237545_12020416.png
卑弥呼が役目を終えても、宗女壱与が女王の地位を継ぎましたが、倭国の巫女王は、どんな姿をしていたのでしょう。中国から錦を贈られたり、倭国から倭錦や白絹を献上していますから、絹織物を着ていたでしょうね。
残念ながら姿を探る絵や像が出土していません。ただ、倭人伝によると、邪馬台国の女子は髪を束ねて折り曲げていたそうです。頭の上に載せてあげていたのでしょうか。
古墳時代になると、埴輪がありますから、男性の姿は想像しやすいですね。女性も特別な存在の巫女でしょうか、埴輪が残されています。古墳時代後期の埴輪に残る巫女の姿は、豪華とは言えないまでも、弥生時代の巫女の姿と何らかの共通点はあったでしょうね。特に、髪型等そっくりではないでしょうか。

a0237545_12024569.png
東京国博所蔵の埴輪の巫女は、腰に鈴鏡をつけています。巫女は鈴音を鳴らし神と交信したのでしょうね。右の仁徳天皇陵古墳の巫女頭部ですが、髪型も似ています。焼成の時の火の当たり具合から額の上に髪が折り曲げられていたのでしょう。
巫女は全国同じ髪型だった? のでしょうか?

(仁徳天皇陵と言えば、今、世界遺産にすると頑張っている処です
が、さて、何世紀の古墳と決められるのでしょうか、気になります。
九州と関東と大阪の巫女埴輪の髪型は、共通していると云うことでしょうか。同じような神祭りをしていたのか(共通文化)、姿だけ似たのか、古墳の築造は近い時期なのか、どこから伝播したのか、興味は生まれますね。

a0237545_12030540.png
書紀の仁徳天皇は、応神天皇の子どもとなっています。その陵墓とされるのが大山古墳です。ここから出た巫女の埴輪です。竪穴式石室に、縄掛突起の石棺があります。これは、前方部の斜面で出土したそうです。武具の模写図もありますが、鋲留短甲だったような…
a0237545_09522356.jpg
純朴な埴輪の表情には、どんなドラマがあったのでしょうね。
弥生時代の巫女の姿は、少ないですが線描きで土器に残されています。でも、女性か男性か分かりにくいですね。
弥生時代には大型甕棺も丹塗祭祀具も作れる技術があるのに、人物を作らなかったのは何故でしょう。土偶はありますけど、まるで人間とかけはなれた顔に作られています。そこには、似せることへの深い恐れがあったのではないでしょうか。ひとがた(人形)には魂が込められたから、あえて作らなかったのではないでしょうか。


(ところが、中国では人形を墓に入れます。それを知って、徐々に埴輪が作られるようになったと思うのです。ですから、埴輪は墓の中ではなく、古墳の外側に並べて、被葬者の功績や在りし日の姿を後世に伝えようとしたのでしょうね。)
 
古墳時代に作られた埴輪に、弥生の伝統が少しは残っているはず

埴輪は6世紀の産物ですから、3世紀とはつながらないように思えますが、今日でも神官はスーツ姿ではありません。
現代の神官も数百年前と同じ神事用の衣服をあつらえ着用しているではありませんか。平安時代の絵巻物と同じような姿です。祝詞が完成したころの儀式服というところでしょうか。長い伝統があるので変わりにくいのでしょう。
同じことが、古代にもあったのだと思います。祭祀が変わらなければ、その姿や祭具も変わらなかったでしょう。
と云うことは、中臣祝詞が完成していく過程で、大きな宗教上の変革があったのかも知れません。そこで、現在につながる祭祀の形態ができたので、それまでの祭祀の伝統は失われた…

a0237545_20294531.jpg
(立山山13号墳の埴輪・岩戸山歴史資料館)
倭国女王の姿を思い描きながら、「卑弥呼以死」の後を考えます。


 歴史ランキング
神社・仏閣ランキング
[PR]
by tizudesiru | 2018-02-08 13:00 | 325冊封体制下の倭王・讃珍済興武の野望 | Trackback

女王国は北部九州にあったなら、卑弥呼の墓は何処?

魏志倭人伝の終わりに卑弥呼の墓の記述
a0237545_18584538.png
卑弥呼が巻き込まれた重大事が④にあります。①から読んでみましょう。

①正始元年(240)、(帯方郡)太守弓遵は、建中校尉梯儁らを遣わして、詔と印綬を倭国に持って行かせ、倭王に任命した。詔と共に金・白絹・錦・毛織物・刀・鏡・采物を賜った。倭王は使者に上表文を奉り詔に感謝した。
➁その四年(243)、倭王はまた、大夫の伊声耆・掖邪狗ら八人を遣使し、生口・倭の錦・赤と青の絹布・綿衣・白絹・丹木・木の小太鼓・短弓と矢を献上した。
掖邪狗らは八人ともに率善中郎将の印綬をもらった。
③その六年(245)、詔で倭の難升米に黄幢(黄色の垂れ幡)を假綬した(帯方郡の太守より与えられた)。

④正始八年(247)、(帯方郡の)太守・王頎が着任した。倭女王卑弥呼は、狗奴国の男王卑弥弓呼と以前から不和だったので、倭の載斯と烏越らを帯方郡に遣わし、お互いに攻撃し合っている状況を説明させた。郡は塞の曹掾史(国境守備の属官)の張政らを遣わし、彼に詔書と黄幢(黄色い旗)を持って行かせ、難升米に与え、檄(おふれ)を書いて卑弥呼を諭した。

 
諭されて、卑弥呼は死を選んだ
それで、卑弥呼は死んだのです。「以って死す」という「以死」とうい文字は、中国の史書では尋常な死には使われていないそうです。事件・刑死などの不慮の死の場合に使われているそうです。
⑤を読みましょうか。


⑤それで、卑弥呼は死んだので、おおいに経百余歩の墓を造った。殉葬した奴婢は百余人であった。あらためて男王を立てたが、国中が従わず、更に互いに誅殺しあい、当時千余人が死んだ。
それでまた、卑弥呼の宗女壱与(いちよ・とよ?)、十三歳の女性を王とすると、国中が治まった。それで、張政らは檄を書いて壱与を諭した。


⑥壱与は、倭の大夫・率善中郎将(宮中の宿衛の武官の長)の掖邪狗ら二十人で張政を郡まで送った。(倭の使者は)魏の都まで行って、男女の生口(奴隷)三十人を献上し、白珠五千、青い大珠玉二個、珍しい雑錦二十匹を貢いだ。
*ここで「倭人」伝は終わりです。


④に卑弥呼の墓は経百歩で大変大きい墓だったと書かれています。
では、箸墓が「女性の墓」という伝承があるので卑弥呼の墓なのでしょうか。箸墓が初めての前方後円墳なのでしょうか。しかし、ホケノ山古墳を始め、箸墓に先行する墓が発掘されました。そこで、ホケノ山古墳は築造年代を引き上げられる事態となったようです。ホケノ山古墳の副葬品は卑弥呼の時代と会わないのですが、築造年代は引き上げられています。それは、何度も書きましたから繰り返しませんが。

女王国が九州なら、卑弥呼の墓は何処なのでしょうね。
a0237545_20424641.jpg
a0237545_20414161.jpg
(吉武高木遺跡から見る飯盛山、飯盛山・飯盛神社中宮から見る宝満山)

倭女王の墓、それを祭祀線が教えてくれるはずですが。
a0237545_20400861.png

何度もブログで繰り返し紹介した「宝満・飯盛を結ぶ祭祀線」です。このラインはどうでしょう。
弥生王墓
と認められている三か所の王墓が、みんなこのラインに乗ります。このラインを見つけた時から、「卑弥呼が九州の女王ならこのラインに眠っているはずだ」と書いて来たし、方々でしゃべってきました。
須玖岡本・吉武高木・三雲南小路の弥生王墓に加えて、一貴山銚子塚古墳(三世紀末~四世紀初め)が、この飯盛山・宝満山の二山を結ぶ祭祀ラインに乗るのです。それも、春分秋分の東西祭祀線の上に、です。一貴山銚子塚古墳には、三角縁神獣鏡は館外の足元に、後漢鏡は管内の被葬者の頭の近くに置かれていたそうです。それも、一枚は金メッキがされた漢鏡です。金メッキの漢鏡は日本に三面しか出土していません。三世紀末とされるこの古墳も、卑弥呼と深くかかわるかも知れません。
では、此のラインのどこに墓はあるのか……

卑弥呼の霊魂は彷徨っているかも知れない。還るべき山を見失って。
わたしは、弥生文化の断絶を考えました。大型甕棺の時代の断絶です。甕棺が大型となった弥生文化の絶頂期に、その中心地から先に大型甕棺は消滅しました。
大型銅矛を祭祀していた集団の、その祭祀具の埋納(断絶)とほぼ同時期にです。神祭りのための祭祀具を土中に埋めるとは。それは、なぜ起きたのか。政治的経済的な大変革が弥生時代の後期に起きたのです。ただ事ではありません。そこに在るのは、女王国の変革と関わるのではないでしょうか。卑弥呼の館を守っていた兵の武具は、矛です。矛を持つ文化圏に卑弥呼の館はありました。その祭祀具である大型銅矛が埋められる状況を説明するには、女王国の消滅以外に考えられないのです。何かが起こった。
a0237545_15581520.jpg

a0237545_15572413.jpg

もちろん、大量の銅矛の鋳型が出土した春日丘陵に、卑弥呼の墓があった可能性は大です。しかし、わたしは続く政変の結果、女王墓は改葬されたと思います。
改葬後の墓の候補地は都が置かれたという伝承がある廟という伝承の場所でしょうか。
a0237545_23150780.png

そこは
北の香椎廟の辺りになるでしょうか。そこにあるのは男王の伝承ですが。
ここから九千部山頂が真南に見えます。その視線は春日丘陵を通るのです。この祭祀線の上に乗る神社も怪しいと思いますが、わたしは香椎廟の辺に改葬墓があったと思います。なぜなら、福岡平野の北の地を、霊力の強い神に守ってもらうのが一番だからです。後の世の改葬であれば、そう考えたでしょうね。
今は、まだ、祭祀線を紹介しませんが。


ヒジリ王のラインをおさらいします
ピンクのラインが、弥生の基本的な祭祀線です。この線上で、日の出・日の入りを見守ったのです。赤ラインは、ヒジリ王が観察した山々のラインです。


日知り王のラインは既に紹介しています。ヒジリ王は東西ライン上で祭祀をしていたと。
最終的に春日丘陵になったと思います。ここには、夏至・冬至・春分秋分の各日の出・日の入りの山、その山頂が揃っているのです。
東西祭祀線上の祭祀場で、山と太陽を見て暦代わりにしていたのです。
a0237545_23160107.png

(赤の南北ラインの上に、ヒジリ王の暦の山々が南北に連なります。このラインは、まっすぐ高良大社まで届きます。聖なる山の伝統は残ったということですね。)
a0237545_20372289.gif

では、「親魏倭王」の印綬はどうなったのでしょう。誰かが持って行ったでしょうか。わたしは、後の世の権力者が持ち去ったと思っています。それは…それを持つものは「倭王」だからです。白村江敗戦の上表文は「倭王に問う」と書かれていたではありませんか。倭王としての地位は継続していたのです。



気になるのは、張政が帰国した後の壱与の行動です。

倭王となって、宗女壱与は何をしたのでしょうか。

張政が帰った後、列島は大変革を迎えました。皆さんご存じのように、鉄が全国に拡散します。三角縁神獣鏡が大量生産されます。工業生産地が全国に出現するのです。
a0237545_15594261.jpg

一体、何が起こったのでしょう。人と物の大拡散とは。

生産力が上がっても、人口は急には増えません。子どもが育ち、子孫が増えるスピードより速く、人口が増えるのはなぜか? 答は一つです。人間の移動です。それは、征服や侵略でしょうか。そうとは考えられません。技術を持っての移動ですから、各地ですぐに受け入れられたのではないでしょうか。邪馬台国が負けたからこそ、文化の拡散がおこり列島は変わったのだと思うのです。
技術を持って移動した豪族、彼らのルーツは九州にあると思います。


わたしは、大量の人口移動が倭国の内乱の後に何度も起こったと思います。それは、内乱の度に、繰り返されたと思うのです。二世紀、三世紀も、四世紀・五世紀・六世紀まで、特に、倭国の乱の三世紀と、磐井の乱の六世紀は大きかったと思うのです。
技術を持った豪族のルーツは、面白いです。そして、祖先神の共通性もなかなか面白いです。
それは、また、今度

 歴史ランキング
神社・仏閣ランキング


[PR]
by tizudesiru | 2018-02-03 23:17 | 324三国志魏書倭人伝に書かれていること | Trackback

卑弥呼が魏の明帝から下賜された豪華な賜物

魏から倭女王卑弥呼への贈り物
もちろん、銅鏡百枚だけではありませんし、魏はもっと良い物を下賜したと自負しているのです。
a0237545_20563824.png

景初二年六月、使者が帯方郡へ詣でて
魏の明帝から貰った豪華な下賜品とは
読んでみましょうか。
①景初二年(魏の明帝・238年)六月、倭女王は大夫難升米らを遣わし帯方郡に詣で、魏の天子に朝献することを申し出た。郡の太守の劉夏は役人を遣わして魏の都まで送らせた。
➁その年十二月、倭女王に返事の詔書が出された。そこには、曰。親魏倭王卑弥呼に詔す。
③帯方郡の太守劉夏が送ってきた汝の大夫難升米、次使の都市牛利らが、汝の献じた男の奴隷四人と女奴隷六人、斑布(マダラ織の布)二匹二丈を持って到着した。
④汝の住むところははるかに遠いのに、遣使して貢献して来た。これは、汝の忠孝である。余は汝を非常にけなげであると思う。そこで、汝を親魏倭王となし、金印紫綬を与えよう。封をして帯方郡太守にことづけて授けよう。土地の者をなつかせ、余に孝順をつくせ。
⑤汝の使者の難升米と牛利は遠い所から来たので、その苦労をねぎらい、難升米を率善中郎将に、牛利を率善校尉になし、銀印・青綬を与え、余が引見し労をねぎらい贈り物を与えて還す。
⑥それから、深紅の交竜の模様の錦五匹、また深紅の毛織物十枚、茜色の絹五十匹、紺青の絹五十匹をもって汝の献じた貢物に応えよう。
⑦特に、汝に紺地の錦三匹と、細かい花模様の毛織物五枚、白絹五十匹、金八両、五尺刀二振り、銅鏡百枚、真珠、鉛丹を各五十斤、みな封をして難升米と牛利に付けるので帰還したら受け取るようにせよ。
⑧そのものを悉く汝の国の人に示し、吾大国が汝を健気に思うが故に、丁重に汝に良い物を賜ったことを知らしめよ。


素晴らしい絹・絹織物・錦・金・五尺刀の次が銅鏡百枚ですね。銅鏡十枚くらいでは他と釣り合わないから百枚も下賜したのですね。この鏡は出来のいいものだったでしょうから、銅の厚みが足りない三角縁神獣鏡ではないでしょうね。貧相な贈り物ではなかったでしょうから。
倭国の人はこの贈り物に度肝を抜かれたでしょうから、様々に伝承が残ったはずです。忘れてはならないことだったはずです。


(だから、正史「日本書紀」や古事記に何も書かれていないとは、不思議です。では、正史には「卑弥呼の遣隋使より後の時代のことが書かれている」と云うことでしょうか。神武天皇が近畿に移動したのは、三世紀より後だということです。それも、遣隋使の事実を知らない人たちか、遣使を無視した集団が書いた、のかも知れません。)

魏の下賜品を確実に見たのは伊都国の役人だった!?
a0237545_11134519.png
さて、北部九州の伊都国には帯方郡・楽浪郡系の土器が出土します。この時代に確実に交流があった証拠です。(近畿には楽浪系の土器は出土していません。これは、畿内の学者のご指摘の通りです)
「世王あり」代々王がいた、という伊都国の王の墓がどんな位置に在るか、以前にも紹介していますが、少し確かめてみましょう。

a0237545_11194949.png

緑のポイントは山頂、青は古墳・墓、ピンクの太祖は神社です。
伊都国の周囲の山と山の山頂を直線で結んでみます。すると、祭祀ラインが数多く交差する王墓があります。三雲南小路王墓です。上の紹介画像のように前漢境が57枚も出土した遺跡です。方形周溝墓で、周囲とは区別された区画に甕棺が並んでいました。

a0237545_11223148.png
他にも王墓があるでしょうが、井原鑓溝などまだ位置が確認されていないので紹介できません。
それでも王墓が特別な位置に造営されたこと、三雲南の王が特別の位置に埋葬されたことは理解できます。古代の人は、山の上に霊魂が集まると思ったのでしょうね。山頂は魂が故郷を確認する時の目印だったかも知れません。
a0237545_15594261.jpg
ちなみに、平原王墓もたくさんの国宝銅鏡を出土しています。被葬者が女性とされる平原王墓は、三雲南少路王墓と加也山の祭祀線上にあります。少し拡大してみましょう。
後の世の王は、祖先の王墓と所縁の山を祭祀線で結んで自分の墓を造った、と云うことが分かりますね。同時に、どの墓が古く、どの墓と関係が深いのか、それも祭祀線が教えてくれるのです。

a0237545_11453835.png
女王国の北には一大率がおかれて、諸国を検察していたのです。「諸国もこれを畏れていた。その統率者は、常に伊都国に居て、それは中国の刺史のようなものである。」と書かれています。彼らは代々中国から諸侯なみの扱いを受けていたのでしょうね。甕棺から下賜品のガラス璧が出ていますから。

今日は、伊都国の役人が見た魏の下賜品の確認でした。伊都国の役人は、封泥のことも分かっていたし、目録の文字も読めたと云うことですね。

 歴史ランキング
神社・仏閣ランキング
[PR]
by tizudesiru | 2018-02-02 12:04 | 324三国志魏書倭人伝に書かれていること | Trackback

女王国は、武器の矛、宮室・楼観・城柵、絹織物、クスがある地域

倭人伝・倭人は古代九州地方の人だった

a0237545_10045332.jpg
倭人伝の、その倭人の風俗を読んでみましょうね。
a0237545_09424766.png
①倭人の風俗は節度がある。男子は被り物がなく木綿のはちまき。着物はひと幅の布を巻き付け紐で結んで縫うことはない。婦人は髪を曲げて束ね、単衣の真ん中に穴をあけてきている。
➁稲やカラム氏を植え、桑で蚕を育て繭を集めて織り、細い麻糸、絹織物、綿織物を造っている。そこには、牛、馬、虎、豹、かささぎはいない。
③兵(武器)にはを用い、楯、木弓を使う。木弓は下を短く上を長くする。竹矢には鉄鏃や骨鏃を使う。
そこに有るのは、儋耳や朱崖と同じである。
倭の地は温暖で、冬夏も生野菜を食べ、皆はだしである。家には部屋があり、父母兄弟は寝起きを別にしている。その体に朱丹を塗っていて、中国のおしろいのようなものである。飲食には高坏を使い、手で食べる。
④葬式について、棺はあるが槨はない。土で塚を作る。死んですぐから十数日間は喪にふくし、その間は肉食をしない。喪主は声をあげて泣き、他の者は歌い舞い飲食する。埋葬後は、家をあげて水浴し、中国の禊ぎのようなものである。
⑤倭国から使いが海を渡る時,持哀(じさい)を選んでいる。<その紹介は略 >
⑥倭国から真珠・青玉が取れる。山では丹砂・朱砂があり、樹木には、くす・とち・(くすのき)・ぼけ・クヌギ・スギ・かし・ヤマグワ・カエデがある。<略>
⑦には、骨を焼く占いのことが書かれている。<略>
⑧倭人の集会では父子・男女の差別はない。酒好きで、偉い人に会うと拍手をする。寿命は長い。
⑨身分のあるものは四、五人の妻を持つ、下戸でも二、三人の妻がいる。<略>

さて、どんな地域が想像されますか?
そこでは絹織物が造られ、武器は矛で、クスノキがあり、骨で占いをしているのです。
そこは、九州ですね。棺は甕棺ですね、直葬ですから槨はないのです。

租税・物々交換の市・諸国を検察 国の組織ができていた
a0237545_09434625.png

皆さんがよくご存じのことがかかれています。
①税があった
➁伊都国に一大率がいて、諸国を検察していた。
③女王が中国・帯方郡に使いを出す時と迎える時、全て港であらためていた。誤りは許されなかった。<略>
④倭国では、もとは七・八十年間も男王であったが、乱がおこり長年互いに攻伐しあったので、一人の女性を共立して王と為し、卑弥呼と名付けた。
⑤卑弥呼は鬼道(神霊に通じた)で衆を引き付け、年は取っているが夫もいず、弟が国政を助けている。
⑥王となってより直接会う者は少なく、千人の奴婢が仕え、ただ一人の男子が飲食の世話をし、伝言を取り次ぐために出入りしている。
⑦卑弥呼の宮室は、楼観や城柵を厳かに設営し、常に警備兵が武器を以って守備している。
女王国の東に海を渡って千里のところに、また国がある。倭の種族である。また、侏儒国がある。この国の背丈は、三、四尺で女王国からの距離は四千里。<略>
⑨倭地について問うと、絶海の中の島の上で、国々は離島だったり陸続きだったりして、周囲は五千里ほどである


地理的にも状況的にも、倭地は九州中心の地域
中国や帯方郡からの荷物を検めて、女王国に届けるのです。何日も離れた場所に女王国があるわけはありません。途中で紛失しては大変ですから。更に、倭地の周囲が五千里とは、狭くありませんか。

でも、倭人伝に書かれているのですから、周囲五千里でも仕方ないですね。
邪馬台国の時代に九州から近畿まで倭国が広がっていたのではないのです。

 歴史ランキング
神社・仏閣ランキング


[PR]
by tizudesiru | 2018-02-01 14:46 | 324三国志魏書倭人伝に書かれていること | Trackback

卑弥呼の出身地は何処か?邪馬台国論争は終わっているのに

倭女王・卑弥呼の出身地は何処か?!
a0237545_10353804.jpg
a0237545_10361340.jpg
またもや、NHKで邪馬台国を取り上げていました。今回は、「卑弥呼の出身地は何処か? 何処の豪族が卑弥呼を選んだのか」という視点で考えたそうです。
なぜ、この番組が造られたのか、不思議でした。邪馬台国論争は終わっています。なのに、「倭国の内乱を鎮めるのに選ばれた女王」の出身地を考えようというのです。
番組では、権力を持っていた国から選ぶと豪族たちは納得せずまとまらないので、鉄を持っていた九州からは選ばれてはいないだろうという展開でした。スタートが「卑弥呼の墓は箸墓」ですから、やはり結論ありきの番組でした。

a0237545_10175595.jpg
a0237545_10250634.jpg
a0237545_10243620.jpg
NHKとしての番組の意図は「魏書・倭人伝をよむかぎり、邪馬台国は九州で決まり」だから、これでは箸墓の可能性は無くなる。だから、箸墓が卑弥呼の墓とすると、出身地は九州ではない可能性があると云うことですね。倭人伝には

女王國 萬二千餘里 
(帯方)郡より女王国に至るには、万二千余里

という決定的な漢字があるからです。邪馬台国は九州から一歩も出ないのです。それに、女王国は伊都国の南にあるのです。みんな書かれていて、ひっくり返せないのです。狗奴国は女王国の南に在り、邪馬台国と戦争をしていたのです。

しかし、卑弥呼の墓は箸墓であるから、女王の墓が奈良盆地に造られたのは何故か、誰がそれを指示したのか、何処の豪族が選んだのかと、NHKは別の視点で考えたというのです。
この展開だと、古代社会では武器は何の意味もなかった?!卑弥呼は鏡の出土しない地域の女王となった? 伊都国の監視の届かない地域で女王は祭祀をした? 巫女であれば他国の神祭りにすぐになじめた? と、なるのでしょうか? では、軍事力を持っていた国々は、女王の選出に納得していたのでしょうか? 
三国志魏書の倭人伝には、そういう出身地を探す手がかりがあるのでしょうか?
気になりますね。

では、魏志倭人伝にはどう書いてあるでしょうか?
読めなくても、見てみたいですよね。

a0237545_11353579.png
a0237545_11374282.png
この後も続きますが、みんな書かれているのです。
退屈でなければ、読んでみますか? 或所で講師が「邪馬台国論争は終わっている。論じるだけ時間の無駄。邪馬台国の、それ以後を考えたい」と言われました。わたしも、方々で同じようなことを云っています。誰が解決を引き延ばしているのでしょうか。どんな結論でも、真実であれば構わないのに。

確かに、無駄かもしれませんね。それでも。

 歴史ランキング
神社・仏閣ランキング
[PR]
by tizudesiru | 2018-01-30 11:44 | 323卑弥呼の出身地を混乱させるNHK | Trackback(492)

132箸墓は卑弥呼の墓ではない

箸墓は卑弥呼の墓ではないこの噂を少し考えてみます。もちろん推測に対する憶測なのですが……
 邪馬台国畿内説を唱えている人の中にも「箸中山古墳(箸墓)は卑弥呼の墓ではない」といっている人がたくさんいます。それに、あの纏向遺跡の大型掘立柱建物を「卑弥呼の居館跡ではない」と思っている人もたくさんいるらしいです。近畿に住んでいる人の話ですから詳しくは分かりませんが、マスコミの報道の仕方に疑問を感じておられるのでしょうかね。それにしても、40年間掘り続けて小さな柱穴の建物しか出なかった纏向遺跡になんで大きな掘立柱穴が出たのでしょうか。大きな建物を作るには、それなりの財力・権力が不可欠です。辺りにそれらしいものが見られないのに大型建造物は信じられません。それも、1mもある方形の柱穴で(弥生の大きな柱穴は円形だそうですから)大変珍しいとか……5・6世紀でも珍しい方形の柱穴が弥生時代に出るとは。やっぱり、発見当初の見立てのように7世紀後半の建物跡ではないでしょうか。柱近くの溝から庄内式土器の欠片と布留式土器(4世紀以降の土器)の欠片も一緒に出たのなら、すくなくとも4世紀以降の遺構であることは確実ではありませんか。
a0237545_2341122.png

それに、この時代の畿内(邪馬台国時代)には、交流があった半島の土器(楽浪系土器・三韓系土器)は出土していません。壱岐の島の原ノ辻や糸島市の御床松原遺跡・三雲遺跡などには出土しています。福岡平野にも出土しています。最近、「馬韓系土器(鳥足文土器)の出土が1世紀から4世紀の間の半島との交流を示している」と聞きますが、それは後の時代のものでしょう。韓国の学者の方が「鳥足文土器は5世紀の工人が使った土器」と書いておられるのを読みました(その文章はどこかにしまったのですが、探します)。そもそも肝心の楽浪系が出ないのはその地域が交流がなかった証拠です。が、「魏の使者は伊都国に留まり、瀬戸内を使わせなかったから、直接は女王国との交流はなかった」といえば、それまでです。はるか九州まで来た人々は、そこでユーターンしたということになります。
a0237545_0384623.jpg
この写真は糸島の歴史博物館の図録をデジカメで撮ったものです。伊都国では国産鏡(大型内向花文鏡・方格規矩鏡など平原王墓の鏡も)を生産していたそうですから、半島の土器をまねて作ることもできたでしょうね。須恵器の生産が近畿で始まる前に、九州では須恵器を生産していたのではないでしょうかと、素人は思うのです。同じ種類に見える庄内式土器の土器編年を使って遺跡や古墳の暦年代を次々に上げるのは、畿内の学者さんの特色のように思えてきました。一つ年代を上げると、連動して他の遺跡も暦年代を上げるのです。九州の博物館を見て回っても、そんなところはないようです。これからは、むしろ中央から暦年代を下げさせられるのかも知れませんが……鳥足文土器の文章見つかりました。平成24年3月10日に「百済文化と古代日本」というシンポジウムで配られた資料です。この会場には希望者が多くては入れませんでしたが、資料のコピーをもらいました。この資料を読むかぎり、鳥足文土器は少なくとも4世紀後半以降、5世紀にしか日本に来ていないようです。一瀬和夫さんがちょっと書かれたように、楽浪系土器で邪馬台国を探すなら「楽浪系土器も三韓系土器も出ない畿内で邪馬台国畿内説は成り立たない」、ということです。
a0237545_1042618.jpg
さて、国立博物館に特殊器台(図録写真のもの)が展示されていましたが、その文様どこかで見たなあと思いました。
a0237545_9343825.jpg
 見つけました。熊本県の阿蘇市と熊本市の遺跡から出た土器の文様です。(写真は糸島の博物館の図録)熊本市の方は直弧文と書かれています。これらを見ると、重弧文・直弧文はたしかに弥生時代の文様です。しかし、宮山式特殊器台を始め、この特殊器台特殊壺と呼ばれるものが、弥生時代(3世紀)のものとは思えないのです。写真の宮山式特殊器台は前方後円墳の墳丘から出土したものと書かれています。弥生の墳丘に置かれていた(置かれるはずだった)ものが棺として転用されたと説明されているのです。資料的価値の高い遺物だそうです。棺とする時、割れもなく十分に使用できる状態だったのでしょう。ということは、転用されるまでの時間が短かったということになります。つまり、ほぼ前方後円墳の時期に「宮山式の特殊器台は造られていた」となるのです。宮山式特殊器台は、古墳時代の産物かも知れない……すると……、この宮山式特殊器台(岡山県)と都月坂式特殊器台(岡山県)の技術を持った工人集団が箸墓の墳丘上の特殊器台にかかわったと、考古学者の方が言われています。そうなると、箸墓古墳の築造時期は、すくなくとも宮山式特殊器台を持つ前方後円墳より遅い(又は同時期)ことになります。 
a0237545_10594261.jpg
a0237545_1101999.jpg
では、同じような特殊器台を持つ岡山の楯築古墳(楯築遺跡)80mの弥生最大の墳丘墓の特殊器台を見ましょう。ここは箸墓より早い墳丘墓とされています。ここも有名なので気が引けますが、素人の憶測です。
a0237545_11554941.jpg
こちらは粉々に割れています。楯築遺跡(2世紀後半)は不思議な墳丘墓です。埋葬施設は木棺と木槨の二重構造で、槨の外側に排水施設の暗渠が設けられているとか、弥生の墳丘墓でしょうかねえ……そもそも木槨の中に木棺が入れられるのは、いつの時代からでしょうか。楯築の特殊器台について、福岡市博物館の図録には、次のような説明がされています。。
a0237545_1226962.jpg
特殊器台が埴輪の原型になると書かれています。一緒に出土している巫女型土製品は形象埴輪の原型とは書かれていません。形象埴輪が出土するのは、円筒埴輪や朝顔形埴輪の後の時期だからです。円筒埴輪より形象埴輪の方が早く出現したとは言えないのでしょうか。
a0237545_12344718.jpg
とても土偶の類とは思えない巫女型の埴輪ですね。頭は別造になっていて首がはめ込まれるようになっています……これだけでも、楯築墳丘墓の築造年代が弥生後期に収まっていることを不思議に思います。箸墓古墳に先行するとされる楯築遺跡と宮山式特殊器台ですが、その時期が弥生終末期にまで延びると箸墓が3世紀末を越えてしまうことになるかもしれません。そうなると当然、箸墓が卑弥呼の墓の可能性は薄くなるのです。それから、箸墓より早くに築造されたというホケノ山古墳があります。卑弥呼の墓と言われる箸墓より古いのですが、近畿では弥生の鉄を副葬するただ一つの帆立貝式の古墳らしいです。最近、このホケノ山が卑弥呼の墓だという噂がたてられています。そして、卑弥呼の鏡として考えられているのが、三角縁神獣鏡ではなく画文帯神獣鏡だそうです。伝ホケノ山古墳出土の画文帯神獣鏡があるからでしょう。画文帯神獣鏡は江田船山古墳でも出土していますが、どうなっていくのでしょうね。


[PR]
by tizudesiru | 2015-11-17 12:51 | 132箸墓は卑弥呼の墓ではない | Trackback


地図に引く祭祀線で分かる隠れた歴史


by tizudesiru

プロフィールを見る
画像一覧

記事ランキング

最新の記事

「聖徳太子は阿毎多利思比(北..
at 2018-08-11 22:05
消えた天神社の信仰を「肥後国..
at 2018-08-05 20:02
法起寺式と呼ばれる飛鳥時代の..
at 2018-08-02 10:08
纏向遺跡のフイゴの羽口は九州..
at 2018-07-30 10:35
玉垂社と黒男社、どちらも武内..
at 2018-07-23 15:02
金銀錯嵌珠龍紋鉄鏡を手に入れ..
at 2018-07-22 22:18
だんわら古墳のこと、聞いたこ..
at 2018-07-21 23:43
日田の山間に高住神社がありました
at 2018-07-20 20:45
奥野正男かく語りき「邪馬台国..
at 2018-07-20 00:27
大原神社の元宮を訪ねました
at 2018-07-17 20:15
日田の総社・大原神社の130..
at 2018-07-13 16:19
新田神社の末社(みささぎ神社..
at 2018-07-10 10:16
天火明命を祀る川合陵神社にい..
at 2018-07-09 11:25
菅原道真は生き延びたのですか..
at 2018-07-07 14:27
鹿児島の新田神社に行きました
at 2018-07-06 00:13
蘇我氏の出自・彼等は何処から..
at 2018-06-22 00:33
石舞台は家形石棺・九州では石..
at 2018-06-15 21:00
古墳から石棺が消える時、筑紫..
at 2018-06-14 15:54
筑紫君一族の古墳文化は突然失..
at 2018-06-13 12:00
倭王国の興亡を年表で読む・七..
at 2018-06-10 23:42

カテゴリ

全体
初めての地図旅
地図のたのしみ
1祭祀線で読む大宰府の位置
2祭祀線で見る竹原古墳
3祭祀線が交叉する間夫という山
4祭祀線で知る筥崎八幡宮
5祭祀線で弥生王墓・吉武高木・須玖岡本
6祭祀線と平原王墓ラインから分かること
7祭祀線で読める八女丘陵の古墳のライン
8祭祀線で分かる高良玉垂命の目的
9渡神山から英彦山へ
10雷山の祭祀線
11羽白熊鷲と脊振山を結ぶ祭祀線
12祭祀線が明かす羽白熊鷲と古処山
13祭祀線が秘密を示す・九千部山と香椎宮
14国守りの山を祭祀線で考える
15神籠石が教えてくれる古代
16祭祀線で探る六世紀の都
17なぜか神功皇后伝説の空白地
18太宰府と大保と大分
19畿内に近い豪族たち
20魏志倭人伝に出てくる「大倭」とは何か
21七世紀の政変と天智天皇
22天智天皇の十年間
23日本書紀の中の日本
24唐書から見た倭国と日本国
25/26文林朗裴清が見た倭王
27倭の五王の行方
28倭国の空白
29筑紫城の最後
30山岳の名と歴史や文化
31国内最古の暦が刻まれた太刀
32祭祀線と阿蘇山と高良・高千穂
33筑紫舞(宮地嶽神社)
34志賀海神社の山ほめ祭
35栂尾神楽(宮崎県椎葉)
36祭祀線と神籠石から分かること(1)
37祭祀線と神籠石から分かること(2)
38祭祀線と神籠石からわかること(3)
39祭祀線と神籠石から分かること(4)
40祭祀線と神籠石から分かること(5)
41祭祀線と神籠石から分かること(6)
42愛宕山が見た早良国の光芒
43祭祀線が解く仲哀天皇の宮殿
44祭祀線がつなぐ江田船山と筑紫君磐井
45不思議な祭祀線・筥崎宮と太宰府天満宮
46祭祀線で結ぶ高千穂の峰から阿蘇へ
47祭祀線で分かる雲仙が守った首長
48祭祀線で神籠石の謎解き
49宮地岳(阿志岐)古代山城
50祭祀線を使った醍醐天皇の都の守り
51祭祀線で十世紀の国守り
52淡路国伊弉諾神社の祭祀線
53祭祀線で空海の霊力を知る
54出雲大社と熊野本宮大社の祭祀線
55祭祀線と大山古墳の謎
56天智天皇陵と天武天皇陵の祭祀線
57宇佐八幡宮から石清水八幡宮へ
58石上神宮の視線(祭祀線)
59続石上神宮の視線(祭祀線)
60祭祀線で守る藤原京
61高松塚古墳の被葬者
62石舞台古墳と藤原宮の祭祀線
63あおによし奈良の都の祭祀線
64続・あおによし奈良の都の祭祀線
65継体天皇陵墓のラインを読む
66崇俊天皇の真実を教える祭祀線
67石城山神籠石の祭祀ライン
68式内社の偏りの意味
69最北の式内社・大物忌神社
70陸奥国の式内社の祭祀線
71尾張国の式内社の祭祀線
72紀伊国の式内社の祭祀線
73近江国の式内社の祭祀線
74但馬国の式内社の秘密??
75筥崎宮の「敵国降伏」その1
76筥崎宮の「敵国降伏」その2
77筥崎宮の「敵国降伏」その3
78筥崎宮の「敵国降伏」その4
79孝徳天皇の難波宮
80倭女王墓を教える香椎宮の祭祀線
81ブログのスタートに還る
82再度神籠石へ
83悲劇の好字
84船原3号墳の馬具
85飯盛山&こうやの宮
86奈良の長谷観音
87福岡の長谷観音
89古墳の祭祀ライン
90筥崎宮百八回目の神事
91 薦神社と宇佐神宮の祭祀線
92薦神社の不思議な祭祀線
93金富神社と鉾立山の祭祀線
94 金富神社と鉾立山の祭祀線 2
95 金富神社と鉾立山の祭祀線3
96宇佐神宮と北部九州
未分類
97宇佐神宮と北部九州・2
98北部九州のミステリー
102安心院の二女神社
101宇佐神宮と九州の神々
103安心院の妻垣神社
351 九州寺院の旅
104安心院の佐田神社
105大富神社と和気清磨と
106宮地嶽不動古墳
106宮地嶽古墳と石塚山古墳
107寄り道・邪馬台国
108ふたたび香椎宮
109倭国王の侵略
110瀬戸内の神籠石再び
111京都の守り・再び祭祀線
112都を守る天皇陵
113神となった斉明天皇の祭祀線
114天武朝の都の守り
115こんにちは万葉集
116大王は神にしませば
117太宰府・宝満・沖ノ島
118石人山古墳と王塚古墳
119基山とは何か
120九州国博「美の国・日本」
121博物館の『金印祭り』
122宮地嶽神社の筑紫舞
123寿命大塚古墳の被葬者
124宇佐神宮の呉橋を渡る
125「新・奴国展」博物館の諦め
126邪馬台国から倭国へ
127倭国を滅ぼした?国
128倭国の墓制
129?国の墓制・巨石横穴墓
130素材が語る古代Ⅰ・樟
131素材が語る古代Ⅱ・石加工技術
132箸墓は卑弥呼の墓ではない
133ホケノ山古墳
134邪馬台国シンポ・久留米
135阿蘇ピンク石の井寺古墳
136古代の土器焼成
137方保田東原遺跡の庄内式土器
138武士の祭祀線・徳川と足利
139大祖神社と志登神社に初詣
140猫大明神のネコとは
141熊本大震災
142光の道は祭祀線
143大汝小彦名の神こそは
144紀伊國に有間皇子の跡を訪ねて
145和歌山と九州の古墳
146有間皇子の墓は岩内1号墳か
147糸島高校博物館
148光の道は弥生時代から
150草壁皇子を偲ぶ阿閇皇女
151有間皇子を偲ぶ歌
152有間皇子の霊魂に別れの儀式
153有間皇子の終焉の地を訪ねた太上天皇
154 有間皇子は無実だった
155持統帝の紀伊国行幸の最終歌
156人麻呂は女帝のために生きた
157持統帝の霊魂に再会した人麻呂
158草壁皇子の形見の地・阿騎野
159草壁皇子の薨去の事情
160大津皇子の流涕して作る御歌
161天武朝の女性たちの悲劇
163持統天皇の最後の願い
164持統天皇との約束・人麻呂ことあげ
144有間皇子事件の目撃者
165天武大地震(筑紫大地震)678年
166高市皇子と高松塚古墳
167持統帝の孫・文武天皇の仕事
168額田王は天智天皇を愛し続けた
169額田王の恋歌と素顔
170額田王が建立した粟原寺
171額田王の歌の紹介
172糸島の神社
173高市皇子の妃・但馬皇女の恋歌
174高市皇子の死の真相
175草壁皇子の挽歌
176大化改新後の年表
177持統帝と天武帝の絆の深さ?
熊本地震・南阿蘇への道
178天武帝の霊魂は伊勢へ
179天武帝と持統帝の溝
180天智天皇と藤原鎌足
181藤原不比等とは何者か(1)
181藤原不比等とは何者か(2)
181藤原不比等とは何者か(3)
182鎮魂の歌集・初期万葉集
183元明天皇の愛と苦悩
184氷高内親王の孤独
185長屋王(高市皇子の長子)の悲劇
186 聖武天皇の不運と不幸
187難波宮を寿ぐ歌
188孝徳帝の難波宮を寿ぐ
189間人皇后の愛と悲劇
190間人皇后の難波宮脱出
191有間皇子と間人皇后の物語
192軽太郎女皇女の歌
193人麻呂編集の万葉集
194万葉集は倭国の歌
195聖武天皇と元正天皇の約束
196玄昉の墓は沈黙する
197光明子の苦悩と懺悔
198光明皇后の不幸と不運
199光明皇后の深い憂鬱
200大仏開眼会と孝謙天皇の孤独
201家持と橘奈良麻呂謀反事件
202藤原仲麻呂暗殺計画
203藤原仲麻呂の最後
204和気王の謀反
204吉備真備の挫折と王朝の交替
205藤原宮の御井の歌
206古墳散歩・唐津湾
208飛鳥寺は面白い
209石舞台・都塚・坂田寺
210石川麿の山田寺
211中大兄とは何者か
212中大兄の遅すぎる即位
213人麻呂、近江京を詠む
214天智天皇が建てた寺
215中大兄の三山歌を読む
216小郡市埋蔵文化財センター
217熊本・陣内廃寺の瓦
218熊本の古代寺院・浄水寺
219法起寺式伽藍は九州に多い
220斑鳩の法輪寺の瓦
221斑鳩寺は若草伽藍
223古代山城シンポジウム
224樟が語る古代
225 九州の古代山城の不思議
229 残された上岩田遺跡
231神籠石築造は国家的大事業
232岩戸山古墳の歴史資料館
233似ている耳飾のはなし
234小郡官衙見学会
235 基肄城の水門石組み
236藤ノ木古墳は6世紀ですか?
237パルメットの謎
238米原長者伝説の鞠智城
239神籠石は消された?
240藤原鎌足の墓
240神籠石の水門の技術
241神籠石と横穴式古墳の共通点
242紀伊国・玉津島神社
243 柿本人麻呂と玉津島
244花の吉野の別れ歌
245雲居の桜
246熊本地震後の塚原古墳群
247岩戸山古墳と八女丘陵
248賀茂神社の古墳と浮羽の春
249再び高松塚古墳の被葬者
250静かなる高麗寺跡
251恭仁京・一瞬の夢
252瓦に込めた聖武帝の願い
253橘諸兄左大臣、黄泉の国に遊ぶ
254新薬師寺・光明子の下心
255 東大寺は興福寺と並ぶ
256平城京と平安京
257蘇我氏の本貫・寺・瓦窯・神社
258ホケノ山古墳の周辺
259王権と高市皇子の苦悩
260隅田八幡・人物画像鏡
大化改新後、武蔵大国魂神社は総社となる
262神籠石式山城の築造は中大兄皇子か?
263天智天皇は物部系の皇統か
264古今伝授に本人麻呂と持統天皇の秘密
265消された饒速日の王権
266世界遺産になった三女神
267氏族の霊魂が飛鳥で出会う
268人麻呂の妻は火葬された
269彷徨える大国主命
270邪馬台国論争なぜ続くのか
271長屋王の亡骸を抱いた男・平群廣成
272吉武高木遺跡と平群を詠んだ倭建命
273大型甕棺の時代・吉武高木遺跡
274 古代の測量の可能性・飛鳥
275飛鳥・奥山廃寺の謎
276左大臣安倍倉梯麿の寺と墓
277江田船山古墳と稲荷山古墳
278西原村は旧石器縄文のタイムカプセル
279小水城の不思議な版築
280聖徳太子の伝承の嘘とまこと
281終末期古墳・キトラの被葬者
282呉音で書かれた万葉集と古事記
283檜隈寺跡は宣化天皇の宮址
285天香具山と所縁の三人の天皇
286遠賀川流域・桂川町の古墳
287筑後川流域の不思議神社旅・田主丸編
288あの前畑遺跡を筑紫野市は残さない
289聖徳太子の実在は証明されたのか?
290柿本人麻呂が献歌した天武朝の皇子達
291黒塚古墳の三角縁神獣鏡の出自は?
292彷徨う三角縁神獣鏡・月ノ岡古墳
293彷徨える三角縁神獣鏡?赤塚古墳
294青銅鏡は紀元前に国産が始まった!
295三角縁神獣鏡の製造の時期は何時?
296仙厓和尚が住んだ天目山幻住庵禅寺
297鉄製品も弥生から製造していた
298沖ノ島祭祀・ヒストリアが謎の結論
299柿本人麻呂、近江朝を偲ぶ
300持統天皇を呼び続ける呼子鳥
301額田王は香久山ではなく三輪山を詠む
302草壁皇子の出自を明かす御製歌
303額田王は大海人皇子をたしなめた
304天智帝の皇后・倭姫皇后とは何者か
305持統天皇と倭姫は同じ道を歩いた
306倭京は何処にあったのか
307倭琴に残された万葉歌
308蘇我氏の墓がルーツを語る
309白村江敗戦後、霊魂を供養した仏像
310法隆寺は怨霊の寺なのか
311聖徳太子ゆかりの法隆寺が語る古代寺
312法隆寺に残る日出処天子の実像
313飛鳥の明日香と人麻呂の挽歌
315飛ぶ鳥の明日香から近津飛鳥への改葬
316孝徳天皇の難波宮と聖武天皇の難波宮
317桓武天皇の平安京遷都の意味をよむ
318難波宮の運命の人・間人皇后
319間人皇后の愛・君が代も吾代も知るや
320宇治天皇と難波天皇を結ぶ万葉歌
321孝徳・斉明・天智に仕えた男の25年
322すめ神の嗣ぎて賜へる吾・77番歌
323卑弥呼の出身地を混乱させるNHK
324三国志魏書倭人伝に書かれていること
325冊封体制下の倭王・讃珍済興武の野望
327古代史の危機!?
和歌山に旅しよう
2018の夜明けに思う
日の出・日没の山を祀る
328筑紫国と呼ばれた北部九州
329祭祀線で読む倭王の交替
330真東から上る太陽を祭祀した聖地
331太陽祭祀から祖先霊祭祀への変化
332あまたの副葬品は、もの申す
333倭五王の行方を捜してみませんか
334辛亥年に滅びた倭五王家
335丹後半島に古代の謎を追う
346丹後半島に間人皇后の足跡を追う
345柿本人麻呂は何故死んだのか
346有間皇子と人麻呂は自傷歌を詠んだ
347白山神社そぞろ歩き・福岡県
348脊振山地の南・古代豪族と倭国の関係
349筑紫君一族は何処へ逃げたのか
350九州神社の旅
351九州古代寺院の旅
352日田を歩いたら見える歴史の風景
353歴史カフェ阿蘇で思う事

画像一覧

以前の記事

2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2014年 07月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 02月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月

タグ

フォロー中のブログ

絵本ぶろぐ

最新のコメント

WEB小説「北円堂の秘密..
by omachi at 12:25
観世音寺絵図に、碾磑(み..
by 尊敬します at 19:36
oh! 「すべて」展や「..
by 尊敬します at 23:30
筑紫野市さんへお伝えくだ..
by 尊敬します at 23:36
何時もありがとうございま..
by tizudesiru at 21:33
拝殿でお神楽をやっていた..
by 尊敬します at 23:00
> 宮原さん ありがと..
by tizudesiru at 20:17
宮地嶽神社の扁額の文字は..
by 宮原 at 10:33
たぶん、夾紵棺の技術、大..
by 尊敬します at 22:58
もう読まれましたか。 ..
by 大町阿礼 at 21:21
> 名無しさん ほんと..
by tizudesiru at 11:55
> aさん コメントあ..
by tizudesiru at 11:20
郭務宗が二千人の人々を率..
by 名無し at 09:10
間夫という山名は鉱山に関..
by a at 01:51
いつも楽しく拝見させてい..
by 尊敬します at 23:15
>いつもありがとうござい..
by tizudesiru at 20:27
弥生の風公園のわら細工の..
by 尊敬します at 22:29
> コメントありがとうご..
by tizudesiru at 23:06
建物の遺構もさることなが..
by 暇人 at 22:48
ごめんなさい。 楼閣じ..
by 尊敬します at 00:10

検索

メモ帳

その他のジャンル

外部リンク

ファン

ブログジャンル

歴史
旅行・お出かけ